スキー場における死亡等重傷事故発生事例概要

(16~17シーズン)

 下記の事故事例は、当会のホームページに情報を寄せられたもの及び新聞記事(事例中「記事」と表示)より抜粋したものを纏めたものです。発生した全事故からすると僅かに過ぎませんが、新聞報道された死亡等重傷事故についてはほぼ収集したと考えております。なお、負傷の程度については、新聞に掲載された当時のもので、その後記事により確認されたものは括弧内に記載しました。                        

 16~17シーズン(平成28年12月~平成29年4月末日まで)

12/18 (日)9:50頃 長野県 記事
白馬五竜スキー場で、スキーをしていた男性(22歳)と、スノーボードをしていた女性(20歳)が衝突した。男性はドクターヘリで病院に運ばれ脳挫傷で重症。女性は、右腕などに軽いけがを負った。
12/25(日)9:50頃 長野県 記事
Hakuba47スキー場で、スノーボードで滑っていた男性(42歳)と、スキーをしていた男性(43歳)が衝突した。43歳男性はドクターヘリで病院に運ばれ、肺挫傷や胸の骨を折る重傷。42歳男性も頭や胸の骨を折る重傷。
12/29(木)14:00頃 長野県 記事
スキー場[X-JaM高井富士]で、スキーをしていた男性(57歳)と、スノーボードをしていた男性(15歳)が衝突した。57歳男性は、病院に運ばれ、左肘骨折の大けが、15歳男性は、左膝を打撲した。
12/31(土)14:15 頃 長野県 記事
白馬五竜スキー場で、スキーをしていた女子小学生(7歳)が、ゴンドラ駅近くにいた男性(39歳)に衝突した。小学生は頭を強く打ち、ドクターヘリで病院に運ばれたが、急性硬膜外血腫で重症。男性は首を捻挫した。
1/1(日)14:10頃 長野県 記事
野沢温泉スキー場で、スキーをしていた女性(60歳)と、スノーボードをしていた男性(20歳)が衝突した。女性は病院に運ばれ、左太腿骨を折る大けがの模様。
1/2(月)13:10頃 長野県 記事
白馬八方尾根スキー場上部の八方尾根北側斜面で、バックカントリースキーをしていた男性(28歳)が雪崩に巻き込まれたと、同行者から110番通報があった。被災者は、同行していた男女2名に救出され、ヘコプターで病院に搬送されたが意識不明の重体。被災者等は、スキー場のリフトを使って標高1850メートル地点にある八方池山荘近くまで登った後、バッカントリースキーをしていた。
1/2(月)13:10 頃 長野県 記事
八方尾根で、スキーをしていた男性(28歳)が雪崩に巻き込まれたと通報があった。県警のヘリで病院に搬送されたが、意識不明の重体。被災者は知人と3人で白馬八方尾根スキー場のコースを外れてスキーをしていた。
1/4(水)1:40頃 長野県 記事
鹿島槍スキー場で、スキーをしていた女性(59歳)と男性(26歳)が衝突した。女性は病院に運ばれ、左鎖骨を折る重傷。男性も右肩などに軽いけがを負った。
1/16(月)17:00頃 長野県 記事
野沢温泉スキー場の毛無山山頂付近で、外国人が遭難したと海外の知人から同スキー場に電話で連絡があった。警察によると、遭難したのはオーストラリア人の50歳代の女性と家族3人の計4人とみられ、コース外を滑走した模様。同署では、午後11時前に捜索をいったん打ち切り、17日朝から再開する予定。
10 1/16(月)17:00頃 長野県 記事
野沢温泉スキー場の毛無山山頂付近で、外国人が遭難したと海外の知人から同スキー場に電話で連絡があった。警察によると、遭難したのはオーストラリア人の50歳代の女性と家族3人の計4人とみられ、コース外を滑走した模様。同署では、午後11時前に捜索をいったん打ち切り、17日朝から再開する予定。
11 1/18(水)13:30頃 新潟県 記事
キューピットバレイスキー場で、スノーボードをしていた男性(33歳)が、上半身が雪に埋まった状態で見つかった。被災者は、病院に搬送されたが、死亡が確認された。現場は、ゲレンデコースから約10メートル離れていて、約3メートルの積雪があった。
12 1/18(水)14:00頃 福井県 記事
スキージャム勝山で、山頂付近の4人乗りクワッドリフト(全長1390メートル)一基が停止し、乗客70人が宙ずりになった。職員が手動でリフトを動かし、全員を頂上で降ろした。原因は、頂上にあるリフトを動かす機器の故障らしい。
13 1/31(火)1:30頃 長野県 記事
神楽ヶ峰スキー場に出かけた外国人8人が宿泊先に戻らないと、県警に通報があった。8人は、スキー場のコース外を滑るバックカントリーをしており、同日午前9時頃、自力で下山し、けがはなかった。8人は、フインランド人ガイド1人と、ドイツ人客7人。かぐらスキー場のリフト山頂駅(1845メートル)付近からコース外に出たが、吹雪など悪天候のため道に迷った。
14 2/4(土)18:00頃 長野県 記事
横手山・渋峠スキー場でスノーボードをしていた中国人客が道に迷ったとスキー場に連絡があった。約2時間後、群馬県境付近で中国人男性(34歳)を発見、救助した。横手山山頂付近でリフトを降りた後、一人でコース外に出て自然の斜面を滑り、道に迷ったという。
15 2/5(日)13:45頃 長野県 記事
横手山スキー場でスノーボードで滑っていたオーストラリア人男性2人が遭難したと、同スキー場から通報があった。警察と山岳遭難対策協会が捜索し、中之条町側で2人を救助。ともにけがはなかった。コース外を群馬県側に滑っていて道に迷い電話でスキー場に連絡した。
16 2/12(日)8:00頃 岐阜県 記事
白弓スキー場から、30代の男性が行方不明になったと駐在所に通報があった。コース外を滑る男性が目撃されており、警察はスキー場のコース外で遭難したとみている。12日早朝に富山県内で待ち合わせをしていた知人が、男性が現れないのを不審に思いスキー場に連絡した。
17 2/20(月)時間不明 長野県 記事
大町警察署は、4月25日に雪の中で遺体で見つかった男性は、米国籍の男性(33歳)であると発表した。男性は、2月20日、白馬八方尾根スキー場で家族と別れ一人でスキーに出かけ後、行方が分からなくなっていた。雪崩に巻き込まれたとみられる。
18 2/25(土)10:30頃 北海道 記事
ニセコアンヌプリ(1308メートル)で雪崩が起き、スノーボードをしていた男性2人が巻き込まれた。ニユージーランド人(35歳)が死亡、男性(35歳)が胸部打撲の軽傷を負った。現場は、ニセコグラン・ピラフとニセコビレッジスキー場の二つのスキー場に挟まれた立入り禁止区域。周辺は過去にも雪崩で死者が出ており、危険な地帯とされる。亡くなった男性は、仲間5人でスキー場からコース外に出たという。
19 2/26(日)2:00頃 新潟県 記事
神立高原スキー場で、スノーボードをしていた男性(23歳)が転倒、意識不明の重体となった。被災者は、ジャンプ台でジャンプした際バランスを崩して転倒、後頭部を強打したとみられる。
20 3/11(土)11:20頃 新潟県 記事
神楽ヶ峰にスノーボードに出かけた男性(39歳)の友人から携帯電話が通じず連絡が取れないと110番通報があった。被災者は、バックカントリースノーボードのため、神楽ヶ峰への登山届を出していた。ヘリで捜索したが発見できなかった。12日朝から再開予定。
21 3/18(土)11:40頃 長野県 記事
Hakuba47ウインタースポーツパークで、スキーをしていた男性(70歳)と、スノーボードをしていた男性(23歳)が衝突した。70歳男性は病院に運ばれ、脾臓損傷などで重症、23歳男性は、首の痛みなど軽傷の模様。
22 3/19(日)時間不明 長野県 記事
栂池高原に山スキーで入山した男性(64歳)が行方不明となった。友人が栂池高原スキー場で被災者の車を発見、届け出た。19日は、悪天候で県警ヘリによる捜索は見合わせ、20日捜索予定。
23 3/20(月)9:57頃 長野県 記事
毛無山斜面でカナダ国籍男性(43歳)が倒れているのを通りがかったスノーボーダーが発見した。被災者は、搬送先の病院で死亡が確認された。あばら骨が折れ、肺に血が入ったことによる窒息死だった。バックカントリー中に転倒し胸部を強打したとみられる。
24 3/22(水)14:00頃 永野家 記事
毛無山付近からバックカントリースキーで滑走中に道に迷ったと英国人3人から110番通報があった。同日午後4時過ぎ、坪野集落から南西約3キロの天代川沿いで3人を県警ヘリが見つけ救助した。いずれもけがはなかった。
25 3/27(月)午前中 栃木県 記事
那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生し、登山講習会に参加していた栃木県内の7高校の登山部員と引率教員の計48名が巻き込まれた。このうち男子高校生7人(16歳4人、17歳3人)と、教員男性(29歳)1人が死亡した。標高1550メートル付近で雪崩が発生し、約200メートル下にいた高校生らを呑み込んだという。
26 4/9(日)11:10頃 北海道 記事
第35回蘭越町ニセコ連峰歩くスキー大会のスタッフがコース内で参加男性(78歳)が倒れているのを見つけ、大会本部を通じ警察に通報した。男性は、病院に搬送されたが、死亡が確認された。警察では病死とみている。男性は、10キロコースに参加し、折り返し地点付近で倒れていた。
27 4/13(木)16:00頃 新潟県 記事
神楽ヶ峰にスノーボードに出かけた男性2人から「現在地がわからない」と家族を通じ警察に連絡があった。2人は県警ヘリに救助された。かぐらスキー場からコース外に出てバックカントリーをしていた。

(注)
1、番号がの事故事例は、故意にコース外で滑走したと推定されるため今後の統計から除外。
2、曜日がは祝祭日を表示。

   

 

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ