スキー場における死亡等重傷事故発生事例概要

(17~18シーズン)

 下記の事故事例は、当会のホームページに情報を寄せられたもの及び新聞記事(事例中「記事」と表示)より抜粋したものを纏めたものです。発生した全事故からすると僅かに過ぎませんが、新聞報道された死亡等重傷事故についてはほぼ収集したと考えております。なお、負傷の程度については、新聞に掲載された当時のもので、その後記事により確認されたものは括弧内に記載しました。                        

 17~18シーズン(平成29年12月~平成30年4月)

12/17(日)13:30頃 長野県 記事
かぐらスキー場に一人でスキーに来ていた男性(50歳)と連絡が取れないと、家族から警察署に通報があった。家族に被災者から「林のなかにいる」と携帯電話で連絡があった後、繋がらなくなったとのこと。コースを外れて遭難した可能性があるとみて捜索する予定。
12/24(日)10:15頃 長野県 記事
「佐久スキーガーデン パラダ」で保育園児4歳がリフトから約4メートル下の地面に転落した。病院に運ばれ、左大腿骨骨折などの大けがを負った。園児は、祖母と3~4歳向けの講習会に参加していた。男性講師が3人を担当し、二人乗りリフトに別の子供一人と乗り、被災園児は後続のリフトに一人で乗っていた。
12/27(水)11:30頃 新潟県 記事
ガーラ湯沢スキー場で、男性(58歳)が、コース脇の約1.5メートル下で頭から雪に埋もれているのを、スキー客が見つけた。被災者はスキー場のパトロール隊に救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息死。被災者は、一人でスキーをしていたところ、コースに沿って立てられたネットを破り、コース外に転落したとみられる。
12/29(金)時間不明 長野県 記事
白馬コルチナスキー場で27日から行方不明になっていた助成をコース外の山林で発見した。被災者は、女性(41歳)で、病院に運ばれたが死亡が確認された。被災者は、29日が全11時過ぎ、深さ50センチほど雪の中から見つかり、心肺停止状態だった。スノーボードでコース外を滑っていたとみられる。
12/31(日)9:20頃 長野県 記事
「Hakuba47ウインタースポーツパーク」で、それぞれスノーボードをしていた女性(27歳)と男性(32歳)が衝突し、女性が腰の骨を折る重傷。男性はけがはなかった。
1/1()11:45頃 長野県 記事
軽井沢プリンスホテルスキー場で、それぞれスキー中だった小学生男子(11歳)と男性(80歳)が衝突、小学生が左脚を骨折した。
1/1()12:20頃 長野県 記事
Hakuba47スキー場で、それぞれスノーボードをしていた女性(40歳)と男性(32歳)がぶつかり、男性が左前腕伸筋断裂などの大けがをした。
1/1()時間不明 長野県 記事
北アルプス乗鞍岳で、バックカントリースキーをしていた女性(34歳)ら3人が道に迷った山岳遭難があり、県警ヘリで3人を救出した。いずれもけがはなかった。3人は、栂池高原スキー場から入山。スキーやスノーボードをしていたが、計画していたルートから外れたとみられる。
1/2(火)15:10頃 長野県 記事
戸狩温泉スキー場で、それぞれスノーボードをしていた韓国籍男性(35歳)とベトナム国政男性(26歳)が衝突、韓国籍男性が頸椎損傷など重傷のもよう。
10 1/2(火)時間不明 新潟県 記事
スキー場「ロッテアライリゾート」で2日夕、コース外でスノーボードをしていた男性二人(34歳、41歳)が行方不明になった。3日午前3時20頃、自力でコースに戻った二人を圧雪作業中のスキー場従業員が見つけ救助した。被災者らは仲間5人でスキー場に来ていた。
11 1/13(土)16:30頃 長野県 記事
志賀高原横手山スキー場で、中国人男性(63歳)がスキー中に遭難したと一緒にいた友人の中国人から警察に連絡があった。友人によると、コース外に外れた別のスキーヤーを助けに行ったまま戻らないという。14日午後0時18分県警ヘリが群馬県側約2キロ入った沢沿いで発見、救助した。
12 1/17(水)0:45頃 広島県 記事
芸北高原大佐スキー場で実施したスキー授業で、男子生徒(13歳)がリフトの支柱にぶつかり、骨折などの重傷を負った。男子生徒は、初心者コースのリフトで370メートル上がった後、約90メートル滑走して支柱に衝突した。
13 1/19(金)11:35頃 長野県 記事
赤倉観光リゾートスキー場で、国体スキー競技の県予選に選手として出場していた男性(29歳)が滑走中にコースを外れ、審判をしていた男性(48歳)にぶつかった。二人は病院に運ばれたが、審判男性は、顔面骨折などで意識不明の重体、選手は肩や首に軽傷。ジャイアントスラロームに出場していた。
14 1/20(土)14:45頃 長野県 記事
軽井沢プリンスホテルスキー場で、それぞれスキーをしていた男性(60歳)と男性(43歳)が衝突し、60歳男性が左目の眼底骨折など、43歳男性が右腕の骨折などの大けがを負った。
15 1/20(土)時間不明 長野県 記事
北アルプス小蓮華山船越ノ頭東側斜面で雪崩の巻き込まれた男性(40歳)を発見、栂池高原スキー場で死亡を確認した。被災者は、山スキー仲間と同スキー場から入山。斜面上部で発生した雪崩に巻き込まれた。
16 1/23(火)9:59頃 群馬見 記事
本白根山が噴火し、麓にある草津国際スキー場にいたスキー客のうち、自衛隊員男性(49歳)が死亡し、負傷者7人のうち、重体2人と骨折などの重傷3人が男性,軽症が男女1人ずつ。スキー場では、ロープウエイへの送電が止まったことから一時、山頂駅のレストランに約80人のスキー客が避難。この中には台湾や英国から訪れた観光客も約20名いて、自衛隊がヘリで麓の駐車場に運ぶなど警察や消防とともに救助した。
17 1/25(木)14:45頃 新潟県 記事
スキー場「ロッテアライリゾート」のコース外で、警察署員が心肺停止の男性二人(68歳、40歳)を発見した。二人は親子で、スキー場のコース付近にある林道北側の崖下で見つかり、重なり合った状態で雪に埋まっていた。スキー中に道に迷った模様。27日に死亡が確認された。死因は凍死
18 1/25(木)時間不明 新潟県 記事
六日町八海山スキー場にスノーボードに来ていた男性(43歳)が行方不明になった。家族によると「スノーボードに行く」と伝えて出かけ、夕方になっても帰宅しないという。連絡を受けたスキー場の従業員が、スキー場の駐車場を確認したところ、男性の車を発見、警察に通報した。スキー場からパトロール中に、コース外の滝つぼから遺体を発見したと通報があった。服装が似ていることから、被災者と見て調べている。
19 1/30(火)0:20頃 新潟県 記事
かぐらスキー場で、スノーボードをしていた男性(36歳)がコース外で雪に埋まっていると119番通報があった。救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は窒息死。友人二人とスキー場に来て、別々に滑っていたという。
20 2/4(日)16:00頃 長野県 記事
しらかばツーインワンスキー場から男性が滑走中に衝突し、腹部の痛みを訴えていると119番通報があった。衝突したのは、男性(40歳)と中国人中学生男性(13歳)で、男性は病院に運ばれ多賀、外傷性の脾臓破裂で死亡が確認された。男子生徒も額に打撲などのけがという。
21 2/8(木)18:30頃 長野県 記事
白馬村に一人でスノーボードに来ていた男性(45歳)が帰ってこないと、家族から警察に通報があった。同午後9時ごろ、白馬八方尾根スキー場近くの駐車場で男性の車を発見。9日から捜索予定。3月19日、一部白骨化した遺体が発見された。歯の治療痕から被災者と特定された。
22 2/8(木)時間不明 北海道 記事
警察のよると、8日に遭難したのは、フランス人の10~50代の男女6人。富良野スキー場の頂上付近からコース外に滑り出したが、途中からコースに戻れなくなった。警察やスキー場のパトロール隊が捜索。午後10時15分頂上付近で発見された。けがはなかった。
23 2/11()14:15頃 長野県 記事
栂池高原スキー場で、ともにスキーをしていた小学男子5年生(11歳)と小学女子1年生(7歳)が衝突した。男子児童はドクターヘリで病院に搬送され、左脚の骨を折る重傷、女子児童はけががなかった。
24 2/11()14:50頃 長野県 記事
志賀高原焼額山スキー場で、滑走中のスキーヤー同士(女性64歳、男性76歳)が衝突、女性は、右脚骨折の重傷を負った。男性にけがはなかった。
25 2/18(日)9:30頃 長野県 記事
北佐久しらかばツーインワンスキー場で、スキー中の小学男子(7歳)と男性(27歳)が衝突した。小学生は、病院に運ばれ左ももの骨を折る重傷
26 2/22(木)9:30頃 長野県 記事
栂池高原スキー場で、男性(67歳)がゲレンデをスキーで滑走中にコースを外れ、雪の斜面を約30メートル転がり落ちた。被災者は、立ち木にぶつかったとみられ、同行していた親族がスキー場に救助要請した。病院に運ばれたが、約4時間後死亡が確認された。
27 3/2(金)15:00頃 長野県 記事
焼額山スキー場で、スキーをしていた女性(56歳)とスノーボードをしていた男性(20歳)がS唐突した。女性はドクターヘリで病院に搬送され、左胸肋骨骨折の疑いで重症
28 3/3(土)9:20頃 長野県 記事
白馬五竜スキー場で、スキーをしていたオーストラリア人男性(38歳)とスノーボードをしていた女性(24歳)が衝突した。男性は、右肘膝と右足首、女性は右太ももなどをそれぞれ骨折した模様。
29 3/3(土)17:30頃 新潟県 記事
かぐらスキー場でバックカントリースキーをしていた50代の男性が道に迷ったと携帯電話で110番通報した。男性は、4日午前7時30分過ぎ、同スキー場から約5.3キロ離れた山中で県警ヘリに救助された。
30 3/9(金)15:50頃 北海道 記事
サホロリゾートスキー場で8日から行方不明になっていたフランス人二人(45歳、42歳)が、コ-スから反対側の民家に自力で助けを求め、警察が無事を確認した。
31 3/10(土)10:30頃 長野県 記事
白馬八方尾根スキー場で、ともにスキーをしていた男性(51歳)と女性(46歳)が衝突したと119番通報があった。女性は左脚の骨を折る大けが、男性も口の中を切るけがをした。
32 3/18(日)10:10頃 長野県 記事
しらかば2イン1スキー場で、スキーをしていた男性(59歳)とスノーボードをしていた男性(58歳)が衝突した。58歳男性は頭蓋骨骨折や肺気胸、59歳男性は肋骨骨折などで重傷
33 3/25(日)時間不明 岐阜県 記事
高鷲スノーパークで女性(18歳)がスノーボード中に男性(47歳)と衝突、女性は、頭部打撲や右胸を強く打ち血気胸、男性は左脚などの打撲の怪我を負った。二人は,HP型の中上級向けコースで滑走していた。
34 3/28(木)9:30頃 長野県 記事
野沢温泉スキー場で、スキーをしていた男性(28歳)が立ち木に衝突した。ドクターヘリで病院に搬送されたが死亡が確認された。被災者はコース外に飛び出し、数メートル先の立ち木に衝突した。
35 4/4(水)時間不明 新潟県 記事
かぐらスキー場で、バックカントリースキーをしていて遭難した70歳代男性二人は、県警ヘリに救助された。
36 4/16(月)17:30頃 新潟県 記事
神楽ケ峰にスキーに行っていた男性(49歳)が戻らない、スキーショップから110番通報があった。17日午前9時過ぎ、県警ヘリに救助された。司祭者は、バックカントリースキーをしていて視界が悪くなり、道に迷ったという。

(注)
1、番号がの事故事例は、故意にコース外で滑走したと推定されるため今後の統計から除外。
2、曜日がは祝祭日を表示。

   

 

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ